S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大徳デッキ」

大徳デッキ、今現在ではこのような形がテンプレかな、と。

SR劉備UC張飛UC関平R徐庶C廖化  GSR諸葛亮
SR劉備UC張飛UC厳顔R徐庶R関銀屏  GSR諸葛亮

とにかく全体的に武力を高めにしているケースが多く感じられます。
私の流星デッキにはダメージ計略・妨害計略なるものが何一つ無いので、
純粋に大徳>七星>大徳とかやられた日には色々と終わってしまいます。
そして、落雷。
ピンだとこちらの主力である太史慈・丁奉があっさりと撤退してしまいます。
となると、素武力の差+七星でも充分に押し込まれて終了。

と言う事で、一見コチラ弓槍デッキなので相性が良さそうに見えるのですが―――、
色々と備わっていない部分がありまして、実はキツい相手なのです。


さてまず奥義選択ですが。
今まで遠弓撃陣でラインを上げられる前に兵力を減らそうと考えていましたが、
それはどうやら得策ではない様で。
相手の奥義が兵力増援ならば弓サーチ次第で部隊数を減らせますが、困った話に七星祈祷。
撤退しそうになったら使われて、増援並みに回復+他の部隊は半分ほど白くなり、
そして大徳で押し潰されます。

と言う事で、、、防柵再建が安定しそうです。


柵配置は無難にコレ↓
柵配置1
ただ、槍が主力になりがちな相手なので、
やや前に配置して槍オーラによるダメージを貰わないようにした方が良さそう。
その分壊され易くなるけどそれは必要経費と割り切って、部隊の確保第一で行こう。


<開幕>
まぁ柵を壊しに来るはず。
弓をしっかり相手の槍部隊に集めて、部隊数を減らす。
伏兵の徐庶は踏みたくないけど、柵配置の関係上やってしまう事もありそう。

麻痺矢カウンターは、狙えたら。
劉備が復活持ちなので大幅なリードは奪えないかも知れませんが、それでも一発は間に合うハズ。
万全で仕掛けられたなら、出て来た劉備を太史慈・丁奉で撤退させたいけど……流石に無理ですねw
とにかく、士気4でリードが奪えそうなら迷わずカウンターを仕掛けるべき。


<中盤>
士気が10~12辺りで仕掛けられたら辛いです……。

麻痺矢カウンターを仕掛けていない場合は、
落雷を警戒するために太史慈は援護兵召還→カードを右に向けて援護兵を重ねる。
これで落雷が太史慈に3本落ちる確率を一気に減らせます。 あわよくば援護兵×3も。
ただし、援護兵×1、太史慈×2だと兵力がミリになるので急いで場内へ戻って回復を。
張昭は騎兵の牽制、小喬さんは丁奉将軍の避雷針に、董襲先生は場内待機。

麻痺矢カウンターを仕掛けた場合は、
援護兵に回せる士気が無いので、太史慈の避雷針に張昭。
丁奉将軍の避雷針に小喬さん。 董襲先生は場内待機。
この布陣なら相手はまず落雷を使わないので、大徳を誘えるはず。

大徳を使った後。
柵を壊そうとする部隊が多い→そちらに防護戦法な董襲先生をぶつける。
攻城しようとする部隊が多い→そちらに防護戦法な董襲先生をぶつける。
そして、どちらかの柵が完全に壊れた所で奥義の防柵再建を。 タイミング重要。

相手が二度目の大徳を使うようなら、小喬さんを端攻めさせ遠弓麻痺矢でフォロー。
防護戦法の士気がないなら端攻めだけ、麻痺矢は使わず。


リードを奪えていて、相手の攻めを凌ぐ事が出来たなら、ほぼ勝ち。
どうしても片方の柵が壊され、董襲だけではどうにもならなかったと言う場合は、
終盤の流星に掛けるしかなさそうです。
まだリードが奪えていないなら、小喬さんが30カウントを切ってから撤退しないように。


<終盤>
中盤と同じ布陣で落雷対策を。
流星を落とさないといけない場面では、小喬さんは潜らずにその場で準備開始。
そうする事で、張昭・丁奉・小喬さんの三人を重ねられます。
あとは大徳をどうにか出来るかです。 士気が4つと柵さえあれば大丈夫……のハズ。



もし試合のどこかで相手のぶっぱ落雷が神落ちしたら……その段階で無理です。
こちらは太史慈・丁奉がいなくなったら本当に終わりなので、相手の落雷を恨むしかw
逆に張昭とかに3本落ちてくれれば美味しいのですけどねぇ。



まだまだ不完全ではありますが、
とりあえず今出来る事は、落雷対策をして大徳を柵+防護戦法で凌ぐ―――コレしかなさそうです。
また、状況によって色々相手も違った攻め方をしてくると思います。
厳顔が憤激戦法で粘ったり、柵の向こうを関平が長槍で攻撃して来たり、とか。

落雷対策をしつつ、麻痺矢で徐庶を足止めとかどうなのかな……?
また、麻痺矢で張飛を足止めしておけば防護戦法を使わなくても済むかな……?
…色々考えているところではありますが、この辺りは実際に試してみないと分からないですね。


ちょくちょく当たるデッキなので、今後もしっかり対策して行きたいと思います。
スポンサーサイト

「5枚忠義デッキ」

まだまだ現役な忠義デッキ、その中でも個人的に苦手な5枚忠義について。
よく見かける形なのは、忠義と落雷の入ったこの形↓
SR関羽UC張飛R関銀屏C廖化C夏侯月姫  GSR諸葛亮
まぁたまに月姫さん→龐統、銀ちゃん→周倉な形も見かけますが、
頂上でも良く見かけるコレが今、忠義デッキで一番多い形だと思います。

流星 対 忠義となると、素武力の差が激しいので開幕が辛く、
中盤になると忠義で回復+奥義で回復と、とにかく押し込まれてしまいます。
となると、守りの防護戦法や端攻めフォローの遠弓麻痺矢に士気を回したいので
流星の儀式は基本的に使わない方が良さそうです。


柵配置ですが、コレ↓

ただ、あまり自城寄りに配置しておくと、相手の槍部隊が柵を壊しに来た時に
柵が壊されるだけでなく槍オーラが当たって結構なダメージを受けるので、
ちょっと前に出した方が良さそう。 その分壊されやすくもなりますが。

奥義は防柵再建、遠弓撃陣にしても自城付近で粘られている時間の方が長いので。



▽開幕▽
相手は伏兵がいないので大方攻めて来ます。
柵を守りつつ、相手の部隊が撤退していくようなら麻痺矢カウンターを狙う―――
その為にも、騎兵に弓を集めさせない・騎兵を槍で牽制する・こちらの部隊を撤退させない、
まぁ基本的な事ばかりですが、出来ないと勝ちパターンに持って行けないのでしっかりと。
麻痺矢の打ち所がなくても柵を守れれば、とりあえずは良しと言った所でしょう。

麻痺矢カウンターが決まったなら、相手は再起でない可能性が高いので一気に攻城。
部隊数の差が活きてくるので、攻城キャンセルも交えて取れるだけ取っておく。
ただし主力である太史慈・丁奉辺りは生還出来る様に立ち回ろう。
関羽が引き上げる時に追って来たら、麻痺矢で撃ち堕として復活するまで攻め上がれない様にする。


もし相手が士気6溜まるまで開幕攻めて来なかった場合。
こちらは忠義に対して防護戦法で守るしかないので、柵に部隊を割くようならそちらに、
城に張り付くようならそちらに董襲をぶつける。
その間、月姫さんと銀ちゃんを弓で狙い確実に部隊数を減らしましょう。
小喬さんと張昭については、撤退しない程度に乱戦して攻城妨害を。

そして相手の部隊を確実に減らす事が出来たならば、麻痺矢カウンターの出番。
廖化>関羽の順に撃ち堕としてラインを上げよう。
張飛が張り付いていても、太史慈を置いて行けば大丈夫なハズ。


▽中盤▽
七星祈祷が満タンになる頃です。 七星でない場合もたまーにありますがソレは気にしない。
忠義>七星>忠義をされると兵力200%以上を削らないといけない……ので、
関羽と張飛に関してはもう、どうしようもありません。 私のデッキでは。
と言う事で、端攻めで相手部隊を釣る必要があります。

まず、相手が忠義>七星。 七星は温存する理由がないので溜まったらすぐ使うでしょう。
それに対しては防護戦法で、張飛をマークする。 月姫さんと銀ちゃんは太史慈に任せるしか…。
そして端攻め開始、小喬さんと張昭をそれぞれ左右から。
凡将が引き上げると思うので、丁奉にそれを麻痺矢で足止めしてもらう。
乱戦されると終わってしまうので、丁奉の隠れている柵が壊れたら即防柵再建。

流石に凡将が帰れそうにないとなると関羽が引くしかないので、
その間に月姫さんと銀ちゃんを片付けておく、と。
こうなれば、二度目の忠義が関羽と張飛だけになるので太史慈・丁奉・董襲で凌げるはず。


問題は、月姫さんの落雷です。
忠義の打ち所が無くなった、と相手が判断したらまず間違いなく、太史慈にピンで落とされます。
避雷針も兼ねて援護兵を召還して置きたい……けど士気的に、あまり美味しくない。
この落雷の判断をさせない為にも、真っ先に月姫さんを撃ち堕としておく必要がありそうです。


▽終盤▽
勝っているなら後は相手の足並みを麻痺矢で乱したりするだけなのですが、
攻城をお互いに取れていない・或いはゲージで負けている、となると厳しいです。
そうなると最後に流星を一発落とすしかないので、士気5を残していないとダメ。
流星の儀式を発動させなければダメ。 その間相手に攻城を許してはダメ。
……と、非常に苦しい状態になります。

それでも勝つためにはソレをしなければならないので、
攻城を奪えなかったようなら最後の賭けをするしかありません。



所々無茶がありますねw
でもまぁ、その無茶をしないと勝てない相手だと思います、5枚忠義デッキは。
4枚忠義とか、2色忠義ならば幾分か楽をさせて貰えるのですが……。

とにかく重要なポイントとなるのは、
  「遠弓麻痺矢を上手く活かせるか」
  「相手の1コスト武将から的確に倒せているか」
だと思います。


まぁ今後も20試合に1回くらいは嫌でも当たると思うのでw、
その時に何か突破口を見つけられたら更新して行きます。

「苦楽デッキ」

恐らくは、魯粛と左慈入りが今の流行りかと↓
R鄒UC魯粛SR左慈C張梁UC張紘C程遠志C裴元紹
  GR張角

まぁこんなトコでしょうか。
程遠志or張紘を潘璋、裴元紹を張繍にした形も多く見られます。

こちらは流星デッキと言う事で、開幕攻め込める訳も無く。
中盤に一気にラインを上げられ、ある程度相手を退けた所で太平要術を使われる。
で、その絶え間ない攻めで一気に丸め込まれてしまう……と言う風になってしまいがち。
苦楽に当たる度に太史慈がR夏侯淵だったらなーw とか思うのは私だけではないはず!


コチラの奥義選択は「遠弓撃陣」。
これは勿論、隙を見つけて丁奉将軍に遠弓撃陣+遠弓麻痺矢で鄒さんを撃ち落として貰うためです。
苦楽をいつまでも凌げる訳ないので。 ほら、私スキルはあまり(もしくは、あまりに)無いので。

柵配置はもっと戦いやすい配置があると思いますが、とりあえずコレ↓
柵配置3
柵と城の間を若干広めに。 よく柵から出てしまい伏兵を踏むのですよ、狭いと。
あと、散らして置いても守り切るのが大変なので、程々にまとめつつ横弓もしっかり撃てる事が利点。


▽開幕▽
相手の伏兵をある程度処理出来れば理想的ですが、多分踏ませて貰えない。
なので、一応伏兵を踏んでも良い部隊で探しつつ、柵を守ればそれで良し。
踏めなくてもそれは仕方が無い。 むしろ、踏めたらラッキー。
攻め込んだら伏兵を踏んでしまって撤退が避けられないので、とにかく開幕は待ち。


▽序盤~中盤▽
大方、開幕でお互いに足並みが乱される事は無いので、士気6ですぐに舞って来るはず。
この時こちらの遠弓撃陣は満タンでないので、そこで発動して遠弓麻痺矢で上手く鄒さんを落としても
遠弓撃陣が消えた後の舞いで押し潰されるので、ここではひたすらに守り。

ここで相手の攻めを凌げるかどうかが勝敗の分水嶺と言っても過言ではなさそう。
柵を守るのは伏兵を処理出来てからにする。 防護戦法中の董襲が何度撤退した事か…w
弓を一人に集めず、全体的に兵力を削る。 倒しそうになったらサーチ変更を意識。
魯粛は突撃兵を召還出来ない間に倒しておきたい。 左慈の変化の術は防護戦法で乱戦。
何なら攻城一発は必要経費と見送る状況もありそう。 それ以上はダメですが。

で、攻防の途中に遠弓撃陣が満タンになると思うのですが、
使わなくてもここは凌げる、って状況ならちょっと待ってみるのもテ。
更に攻め込もうと、相手が太平要術を使ってくれるかもしれないので。
もし使ったならば、こちらも叩いて復活した部隊がラインを上げてくる前に鄒さんを撃ち落とす、と。
先に鄒さんを倒すと、その後に太平要術を使われて次の苦楽までの時間が稼げないので。
使わないようなら仕方ないので、遠弓撃陣を発動。 でも鄒さんは敢えてまだ倒さない。
相手の足並みが揃う頃に倒す事で、相手が攻め込むまでの時間を稼ぐために。


▽中盤~終盤▽
苦楽さえ無ければ遠弓撃陣の効果があるので、騎兵意外はただの的。
弓兵による防衛ラインを築き安全に流星の儀式を出来るようにする。
魯粛・左慈から撃ち落とせば楽に守れるはず。
鄒さんが復活して舞うようならば他の武将で丁奉を守り、遠弓麻痺矢で撃ち落とす。
ただし、士気を11カウントまでに5つは残さないといけないので、士気管理をしっかりと。

使用する計略としては、
防護戦法×1 約束の援兵×1 遠弓麻痺矢×2 流星の儀式×1 の運びが理想か。



全体的にこちらの撤退を抑えつつ、相手の兵力を的確に削る事が出来ればいける…はず。
しかし、そういう器用な事が果たして私に出来るのか―――って所が甚だ疑問なのですがw
対戦数がまだまだ少ないので、これからも反省点とか見つかったら更新しようと思います。

「雲散求心デッキ」

雲散求心となると、恐らく一番使われているデッキがコレ↓
SR曹操UC夏侯惇UC曹仁UC楽進魏・R賈ク
軍師は人による所があるのでコイツ、みたいに言えませんが、
再起の軍師(陳羣・郭嘉)よりは増援の軍師(荀攸・司馬懿)が多く感じられます。


柵配置は、左右に2枚ずつ↓ 奥義は防柵再建。
柵配置1
開幕の伏兵処理が大変になる代わりに、求心後の横弓を安心して撃てる形です。


▽開幕▽
伏兵は、踏んだらまず撤退は避けられないので張昭か小喬さんで踏む。
槍は残しておきたいので理想は小喬さん。
注意する事は、二つ目の伏兵は踏まない事。
二つ目を踏むとまず部隊数に差が出来て、柵を守り切る事が出来なくなるので。

突撃状態の場合は柵越しに弓を撃ち、柵にぶつかってから乱戦。
相手が引き上げた後、高武力の弓兵の兵力が満タンである必要は無いので、身を挺して柵を守る。
しかし伏兵を踏む危険性があるので、伏兵が残っている時は自重も。

相手が兵力を減らしているのに引き上げようとしない場合は、遠弓麻痺矢の出番。
近くに夏侯惇が居ないのを確認して、夏侯惇から狙い相手の部隊を減らし、
そのまま部隊数の差で攻城。 奥義が再起だったら使ってくれるかも。
無理に使うと士気差4で後々苦労するので、ムダ打ちにならないように。


▽中盤▽
ぶつかりあいとなる中盤。
相手が求心を使った後は、丁奉の居る方から張昭・小喬さんを端攻めさせる。
小喬さん一人でも良いですが、敢えて二人。 すると相手は恐らく、部隊を自城へ戻すのですが。
この時、相手は低武力二人なので一人しか戻さない…はず。
そこを確実に遠弓麻痺矢で足止め。 それを見てもう一人戻ってくるようならサーチを変えて、
さっきまで麻痺矢を受け続けた相手部隊を張昭で迎撃する―――ここまで決まれば完璧。
そんな上手くは行かないでしょうが、守りは太史慈・援護兵・董襲・丁奉でどうにかした方が良さそう。
もし2部隊釣れるようなら、それはそれで麻痺矢を使わなくて済むので美味しいと言う事で。

柵を壊そうとする相手部隊はもう完全放置で横弓。 下手に守ろうとすると乱戦で撤退するので、
乱戦するならせめて求心が切れてから。 柵が2枚とも壊されたらそこで奥義を使って粘る。

あと、相手の仕掛けが士気10以上からの仕掛けだったら、
求心>増援>求心と押し潰しに来る事が多いので、防護戦法を一度使う。
雲散すれば二度目の求心が無くなり、しなければ次の求心も防護戦法が使える、と。
どっちにしろ厳しいけど、ね。

正直、この中盤に一気に攻められ守られ、勝負が付いてしまう事が多いので、
ローテと端攻めと麻痺矢サーチが上手く噛み合う様、落ち着く事が肝要かと。


▽終盤▽
もし、小喬さんと張昭が端攻めで相手より削ってくれたなら、とにかく守り。
士気差が出来ても守りきれば良いので、雲散覚悟の防護戦法連打もアリ。
流星を落とさないと勝てない状況ならば、柵が残っていればもうそこで儀式準備をするしかない。
その時相手が流星を止めようと攻めてきたら勝ちの芽があるかも…?
流星でもまくれない場合はもう試合終了っぽい。 守りの騎馬単雲散求心は無理。 一発取れたら奇蹟。



…とまぁ、まだ対策不足感が否めない今回の雲散求心対策ですが……。
今後も恐らく7~8試合に1回程度の確率で当たると思うので、その時に新たな発見があったり
攻略の糸口みたいなものを見つけられたらまた更新しようと思います。

―――雲散が居なければ、もう少し戦いやすいのですが……orz

デッキ対策、はじめました。

流星デッキは相性的に厳しいデッキが多いので、
これからちょくちょくデッキ対策をして行こうと思います。

しかし私の流星デッキ、これなんですよね……↓
R小喬R太史慈R丁奉C董襲UC張昭  GR呂蒙

と言う事で、物凄く個人的な対策になりそうですが……w
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。