S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07« 2012/08 »09

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしのぎょふら

今現在どの程度の城ダメージを受けるのかさっぱりなのですが、
魏諷と許攸と於夫羅な組み合わせ、通称ギョフラなデッキを考えてみました。
一時期暴れすぎたせいでトラウマを植え付けられた人も少なくないかも、ですね。


R於夫羅UC程銀UC魏諷C張横旧C臧覇C許攸
 GSR王異  GC賈詡

総武力25・総知力28 勇猛×2・大軍×1・暴乱×5・伏兵×2

何か1枚変なの入ってね?的なツッコミを入れたくなるかもですが、
その変なのが今回のギョフラデッキのキーカードなのです。
旧C臧覇の計略「火事場の馬鹿力」の性能は未だに現役そのもので、
効果時間7Cほど、そして武力上昇も城ゲージが75%以上割れていたら+15くらい増えていたハズ。
これだけ武力が増えるならば、1コス武力3でも充分過ぎる強さになれます。

と言うことで序盤は心置きなく強壊・癒壊で自城を削りながら攻め立てて、
中盤から終盤にかけて、速軍侵攻+馬鹿力マウントでの攻勢に転じる……そんなデッキなのです。
その分、臧覇は暴乱を持っていないので序盤の押し込みが些か弱くなりますが、
逆に終盤は強進や攻弱のデメリット部分を受けずにマウント出来るので、プラマイ0ってことで!

あとは、1.5コスト槍兵枠を洛陽李儒にして超絶対策をするとか、
攻弱の乱を使う場面が無さそうならば成宜にするとかで、デッキを改善出来る部分もありそうです。
まぁその辺りは実際に使ってみないと分からない点なので、私は考えるのを止めますが……w


そんな訳でそれなりに強そうな雰囲気を感じ取ってはいるのですけれども、、、
肝心の強壊の乱・癒壊の乱の性能がハッキリしていないのが少し気懸かりなところですw
実は今、物凄い城が割れるようになっていたりとかするのかしら……?



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
スポンサーサイト
... Read more ▼

魏呉地勢流星デッキ実践。

先日、佐伯勢の方と一緒に大分へとお出掛けして参りました。
アニメイトや大分駅を巡ったりしましたが、
まぁやっぱり大分に行くとなれば三国志大戦ですよね!
……ところでところで、佐伯に新しいゲーセンいつ出来るの?(もう諦めろ、私っ。)

前回かわうそ甘寧を引いていたので、コヤツの入った流星デッキを試すことに。
呉単の手腕流星とかも無難に良さそうでしたが、
もーちょっと魏国を使えば魏見習いの称号が貰えると言うことで、敢えての地勢流星に。
まぁ地勢の方が範囲が広いし効果時間も長いのもありますし。

R小喬R丁奉R荀攸Rかわうそ甘寧SR張春華R呉国太
 GR呂蒙  GR陸抗

総武力20・総知力36 防柵×4・魅力×3・勇猛×1・伏兵×1

こんな感じ。
弓兵の枠を隠密春華さんにして士気溢れ対策をしつつ、適当に地勢を撃つデッキです。


で、結果の方は……メモを取り忘れたので対戦デッキの詳細は省きますが、
全12試合で4勝8敗、と残念な有様にw うーん、何が悪かったのかな……。
振り返ると、丁寧にやれていたら勝てたなぁ、って試合が3~4試合ほどあったので、
立ち回りが色々と悪かったと思います。 大反省です。

かわうそ甘寧の「伝染るん戦法」ですが、
まぁ1コストの武将なのでこのくらいになるよなぁ、、、って性能でした。
やっぱり2部隊固めているところで使っても、逆に磨り潰されちゃうよね……w
使い所を間違えなければ強いのかもですが、
そもそも使い所が少ないとなれば、他の計略に頼る立ち回りにした方がいいだろうなぁ、と。

あと、奥義の精兵集陣を数試合ほど試してみました。
武力+2が長時間、と言うのは確かに強いですが、、、
やっぱり守り系デッキでは横幅が広い陣略でないと、横弓を活かせないのが辛いですね。
と言うことで、遠弓撃陣が安牌過ぎると言う結論に至ってしまいました。 残念。


……まぁ魏見習いの称号を獲得出来たのでよし、です。
あとは呉MASTERが欲しいところですが、このペースでは何年後になることやら……w

さてさて、次回のデッキはどうしようかなぁ。



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

ふるぱわー

先月まで天鳳でフルボッコの連続で泣きそうだったのですが、
今月はその反動がやって来たくらいに調子が良くてビックリな今日この頃です。
具体的にどの程度調子が良いのか、と言うと……。


まさかの14位。

特上月間ランキングにて、8月16日23時15分の時点で、14位になっております。
日に日に順位は変動しますし、これからもっと試合数を重ねるつもりなので、
きっとこれから順位は下る一方になりますがw
一瞬だけでもこんな順位に入れたことを幸運に思っております。 わぁい!

……まぁ特段、打ち方を変えたとか自分なりの打風を見つけたとか、
そんな真新しいことは何もしていなくて、ただ単にツいていただけ、と言うのが残念な所ですがっw
どの程度ツいていたのか、と言うと……。


9万点トップ。

自己最高得点、91000点にてトップを取れました。
普通は5~60000点も取る頃には他家が飛んで終わってしまうのですが、
親番でのツモ和了連打でゴリ押しを続けた結果、こんな珍妙奇怪な点数になれました。

でもコレ、真っ先に浮かぶ感想は「すげぇ!」よりも「これはひどい」の方かも、ですねw


他にもこんなことが↓↓

三暗刻ドラ3聴牌

三暗刻ドラ3の聴牌、ペン3萬待ち。
一応は一手変わりでツモり四暗刻聴牌に切り替わるので、
適当なタイミングで1萬・2萬のどちらかが重ならないかなーとか思っていた、ら。


あれ・・・?

まさかの北引きにて、四暗刻単騎の聴牌となりました。
どちらも場に1枚切れの1萬と2萬、どちらで待とうかと少し考えましたがまぁ、
ここはセオリー通りに端牌の1萬待ちに取りました。

その結果溢れた2萬を鳴かれて、下家に聴牌されてしまいましたが……。


四暗刻単騎和了!

4巡後に無事1萬を引き入れて、四暗刻単騎を和了出来ました!
四暗刻自体は過去に何度か和了ったことがありますが、
単騎待ちでの和了りは初めてですし、てかむしろ単騎待ちに出来たことも初めてですw
ツモり四暗刻よりも緊張度が違いますね、やっぱり……。
2萬をチーされた時はヒヤヒヤしましたものw これは、やっちまったかも……ってw



そんなこんなでまぁ、今月は今のところ53試合やっておりますが、
平均順位2.132と、高い数字をキープ出来ております。 順調・快調・絶好調!
まぁその流れも今日まで、となるかもですが……w



しかし今月はもう1回三国志大戦をやりに行きたかったのですが、
思った以上に忙しくなってしまって機会を逃してしまいました……泣きたい。。。
全力で出撃したかったのですがこんなことになってしまって、コモンさんすみませんです><
次回こそは……っ!



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

氷の嘲笑

敵陣限定とは言え、マウント状態になったら超強い気がしているのですが、
最近は動画ですらほとんど見かける事がない槍春華さん。
効果時間が短いのかもですが、武力-7と瞬発力はあるし、
どーしても1発欲しい時には重ね掛けと言うゴリ押しも出来て、優秀だと思うのですけれども。。。

……そんな訳で、槍春華さんを採用出来そうなデッキを考えてみました。

SR夏侯淵UC王淩R司馬師R陳泰SR張春華(嘲笑)
 GR羊祜 GC荀攸

総武力23・総知力29 勇猛×2・大軍×1・防柵×1・募兵×1・暴乱×2・覚醒×1・魅力×1

魏国の礎デッキに入れてみた、的な。
攻めでは礎の前に氷の嘲笑を織り交ぜながら攻め立てて、
守りでは礎の味方斬り(+滾り)で凌ぎ切る、と言うコンセプト。

反計とかダメ計が居たら迂闊なことは出来ませんが、礎の使い方で理想的な流れとしては、
夏侯淵を壁にラインを上げて、その後に兵力ミリからの礎……と言う展開のハズ。
その重要なライン上げの際に氷の嘲笑を絡めたらもっとラインを上げ易くもなりますし、
夏侯淵に乱戦された敵部隊の兵力を大きく消耗させられます。
相手が氷の嘲笑に対して無計略で対応しようとするならば、
1回攻城を入れてから敵城際で礎、みたいな展開にも持っていけそうです多分。

しかしフルコンが簡単に狙える士気上昇速度なので、
【氷の嘲笑⇒(相手号令)⇒氷の嘲笑⇒(相手2回目の号令)⇒氷の嘲笑】
って感じの攻めを出来なくもないのでは?とか少し思うところがあったり、なかったり。
……流石に無茶かなぁw


続いて。


R司馬炎UC王淩R楽進SR龐娥SR張春華(嘲笑)
 GR羊祜 GC荀攸

総武力25・総知力31 魅力×3・募兵×2・崩射×1・防柵×1・暴乱×1・勇猛×1

守りは龐娥さんで、攻めは槍春華さん。 そんなデッキ。

高武力募兵弓2枚でラインを高く維持しつつ、各個撃破には仇討ち+弓サーチでの撃破を狙って。
まとめて相手を削りにいけそうならば氷の嘲笑を使う、と言う立ち回りになりそうです。
【氷の嘲笑⇒突破戦法】とか、逃がさず倒したい武将が居る時に強いかもですね。
で、攻め切る自信がない相手には奥義を精兵攻勢にしたり、
兵力増援【武昇+知昇】でキッチリと攻城を奪いにいきたいところ。

守りでは、先撃ちの「お覚悟ー!」がかなり相手からしたらやり辛いと思うので、
引き時を間違えたとしても、せめて龐娥さんだけは逃がすようにしたいですね。
ついでに金田一君が居たら崩射もあって便利です。


……春華さんを壱与さんにした方が良いとか言ったら「めっ!」ですよ?



しかしどちらも何だか今一つ物足りなく感じるなぁ……。
やっぱり魏武号令が一番しっくり来るような気がしなくもないですw

ちなみに流星デッキを使っている身からすると、
槍春華さんが画面に出て来たら悶絶するくらい辛いのですけれども。。。



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

明暗くっきり

と言う事で約3ヶ月振りの大戦へとお出掛けして来ました。

使用デッキは以前に紹介した天照神光流星デッキと、
もしソレがダメだった場合のヘルプに連合攻勢流星デッキを用意しておりました。
こんなの↓↓

R小喬R丁奉UC芝UC韓当R呉国太C麋芳&士仁
GR呂蒙  GR諸葛瑾

総武力21・総知力29 防柵×4・魅力×3・伏兵×1

1コス槍枠が龐統だったり蒋琬にした形は前に使っていたので、
今回は麋芳&士仁を採用してみました。 知力4の挑発の性能も知りたかったですし。

てな訳で、以下戦績。


<天照神光流星デッキ>

1. ○ 【群単】 4枚気炎撃蚩尤
2. × 【群単】 6枚閻圃ワラ
3. × 【呉単】 5枚がっちり二分
4. × 【群】 6枚速毒強遅
5. × 【魏単】 4枚機略英知
6. × 【群単】 5枚傀儡気炎撃


6試合やって1勝5敗でした。
なんかこう、もうちょっといい成績になると思っていたのですが……どうしてこうなったw
とりあえず卑弥呼さんの弱体化の効果時間を思いの外短くてビックリでした。。。
閻圃ワラに入っている於夫羅を倒そうとしたけれども、
低武力2部隊の乱戦では倒し切れなくて、武力が戻って逆に痛い目を見せられたり。
いやまぁ凄い瞬発力のある計略なので効果時間が短いとは分かっていたものの、
まさか卑弥呼さん一人で乱戦しても3割も削れないとは思わなかったです……ぐはぁ。

流石に心が折れたので、デッキ変更。


<連合攻勢流星デッキ>

7. ○ 【呉単】 5枚業炎英魂
8. ○ 【呉単】 6枚人心赤壁ワラ
9. ○ 【呉単】 6枚狂乱流星
10. × 【呉単】 5枚人地孫武名君
11. × 【呉単】 5枚人地名君
12. ○ 【群単】 5枚白馬閻圃
13. ○ 【群】 6枚八つ裂きがもちょ
14. ○ 【呉単】 5枚二分至高
15. ○ 【群単】 5枚堕落虚誘
16. ○ 【呉単】 6枚弐連剛弓流星
17. ○ 【蜀単】 5枚天人
18. ○ 【呉単】 6枚孫武手腕


何なの、この差……w ってことで12試合で10勝2敗でした。
負けた2試合も一つは明らかな取りこぼし、一つは奥義を諸刃にしたせいで……って内容だったので、
結構悔しい負けだったなぁ、という試合でした。
7連勝中だったのでまだ続けるべきだったかなーとは思いましたが、
18試合もやって疲れたことと、お目当ての賈南風服を取れたこともあり切り上げましたw

とにかく連合攻勢が強いです。
攻め切るには物足りないかもですが、守り切るにはもう文句の付け所がないかも。。。
効果時間が終わる頃には士気6以上回収出来るので、
士気溢れで使ってよし、相手に低いラインで計略を使わせるために先撃ちしてよし、と。
そんな性能なので、流星を安全に落とせる状況になったら確実に落としておいて、
連合攻勢先撃ちで守り切る、と言う流れが本当に強いです。

効果時間が短い頃は、先撃ちするにしても「相手に逃げられない」ことが大前提だったので、
ある程度引き付けて使わないと士気損だったりしましたが。
これだけ効果時間が長くて士気上昇速度が速いとなると、まるで損をしない感じです。
これはちょっと、【連合攻勢+流星の儀式】の組み合わせは隠れた厨デッキかもですね……!
流行のデッキに対してはどうなのか分かりませんが、ともかくオススメしておきますよ?

あと麋芳&士仁の挑発は、そこまで長くもなかったですが、
騎馬を刺すには充分、ってくらいの効果時間だったので、まぁ悪くはない感じですね。
知力1とか2の武将ならば深差しされていても攻城ラインから引っ張り出せますし、
知力5の騎馬を突撃オーラを纏わせて刺すことも出来た?具合でした。
……まぁ、機略の荀灌ちゃんとか騒乱の呂姫さんを迎撃したら楽になるだろうと、
流行デッキ対策に成り得るかなーと期待していたのですが、そもそも出て来ませんでした。

しかし振り返ると、呉と群雄ばっかりだったなぁ……マッチング。
漢軍に至っては見かけなかったし……w 使用率もダントツで低いからなぁ、どうしたものか。
あと何気に流星デッキと2回遭遇したのも個人的にはビックリ。 強いもんね、今、多分。
……とは言え、どちらもずっと流星を使っている君主さんだったのです、がw
まぁアレです、流星対決は遠弓計略の有無が超大事ですよね、ってことで。
要するにメタってすみませんでした。



あ、証は5連敗で89から88に下がりましたが、
連合攻勢にしてから4個増やせて、終わってみたら証92になりました。 争奪戦も1回ありましたし。
何だか連合流星でやれば皇帝昇格戦までは行けそうな気分になれますが、
少なくとも今年は、同じデッキはその日までと決めているので、次回は封印しようと思いますw
かわうそ甘寧を引いたので、それを入れたデッキを考えてみよう、っと。



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

まじかる☆まーじゃん☆わーるど

まだまだ天鳳やってます、が……六段に落ちました。 めげるわ……。

どうしてこうなった……

七段の頃と成績を比較すると悲惨な有様で泣きたくなるのですが、
まぁまたこれから少しずつでも戻していこうと頑張るつもりであります。。。

めげるわ……。(言いたいだけ)


ですがまぁ、そんな負け続きでモチベが日々駄々下がりだった中でも、
スカッとする出来事がいくつかあったのでご紹介。


索子の6面張。

索子の6面張待ち聴牌が出来ました。 2-3-4-5-6-9待ち。
しかも捨て牌を見て頂いたら分かると思うのですが、
7索・1索・8索と手出しで捨てているので、振り聴でもありません。
手順ミス無しでこれは珍しいハズ!
それで結果は対面の2索でロン、中の加槓もあって7700点の和了りとなりました。


続いて。


また索子の6面張!

よく麻雀漫画とかでも見かける形だと思いますw 1-3-4-6-7-9待ちの6面張。
高目だと平和とか一気通貫も付いて来る形なのですが、
これだけ待ちが広いと流石にそこまでの高目を拾うのは逆に難しいですよね。
と言うことで、上家の3索が出た所でロン。 リーチ・平和・ドラ1で5800点でした。


しかしこの頃は七段だったのか……めげるわ……。(言いt(ry)


続いて。


天鳳では初の役満和了。

半荘884回目にして、、、天鳳で初めて役満を和了れました。 国士無双です。
いやぁ長かった……役満聴牌までならば過去に何度か出来たのですが、
こうして和了り切ることは出来なかったので、本当に嬉しいものがありました。
やっぱり役満って麻雀の華だよね!

ちなみに下家が直前に三色で和了ってるように見えるのは、
その前まで振り聴の1-4-7萬待ちだったので、私の捨てた1萬を鳴いて7筒を捨てたから、ですね。
冷静に考えれば下家の和了り目は三色しかないってくらいに煮詰まっているので、
他家の白単騎を警戒するよりも、1萬を握り潰しておくべきだったと思います。 ぬるかった…。



そんなこんなでまぁ、喜怒哀楽の繰り返し~♪って感じにやっております。
とりあえず8月から本気出す!と言うことで。 いや、いつも本気なんだけれども、ね……w



友人が地元に戻ってきたので、8月3日に大分遠征をして参ります。
話題の「あしたの」デッキが出て来ないことを祈りつつ……w

あと、何やら7月の龍玉キャンペーンにて不具合があったようで、ソレが8月5日まで延長だとか。
9個必要とは言え今回は賈南風服だと聞いているので、
これはちょっと、それなりの試合数をこなして是非とも獲得したいものですっ。 やってやるです!



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。