S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半荘135試合とかやりすぎわろた

天鳳にて、何故か8月は高成績を出せました。

特上 南喰アリ赤 / 総合(30戦以上)

いやもう、そこそこの段階で「これ以上やったら順位落とすだけだろうjk」とか、
思ってはいたものの、そんな気配がまるでないまま突っ切れた感じです。
一時期暫定2位まで食い込めていたけれども、1位を追い掛けた結果最後に失速してこうなった、
そんな月間成績でございます。

と言うことで、特上ロビーにて月間6位に入っておりました。 ビックリ。
麻雀でこーゆーランキング上位に載れたのって、MJ2の頃のディフェンスコンテスト以来です。
懐かしいと言うかまぁ、ルールがそもそも違うような気もしますがw

月初めの頃は、高度な打ち回しを身に付けたとかそういう技術的な要素は一切ナシに、
只々、ツキが巡って来ていただけと言う印象でしたが。
ここ最近では結構に立ち回りが自分の中で確立されてきたように思えて来なくもないです。

他家の先制リーチに対しての押し引きの判断……とかそう言った判断の前に、
そもそも先切りを徹底しておいて、
聴牌までに危険牌を切るリスクを極力下げるようにすることには、特に意識を回しました。
勿論、完全一向聴に受けた方が聴牌効率は良い、けれども、
相手(特に親)の先制リーチが掛かった同巡に丁度聴牌してしまった際に、
一発が怖くて危険牌が通せない……となっては、結局オリ打ちになってしまいがちだよね、と。

あと、逆転の目は絶対に捨てない、程度の努力は必ずしておりました。

対面からは見逃し。

例えばこんな場面。 オーラスで一人だけ配給原点割れと言う泣きたい現状の中、
対々・ドラドラ確定、ツモれば三暗刻も付いてくるシャンポン待ちに受けられました。
点棒状況的にツモって3000・6000を拾えば3着浮上&全員3万点割れで西入が見えるのですが、
さてさて引けるかなーとか考えるところだと思います。

で、この聴牌が入った途端、対面から和了り牌の7筒が出て来ました。 40符4翻の満貫。
なのですが、対面との点差は16000点以上なので、この7筒は泣く泣く見逃すことに。
和了ったらその瞬間、対面を3着に落とすだけのラス確定和了となってしまいます。

直撃成功!

それから3巡後、今度は上家から7筒が零れて来ました。
これは当然和了りました、点差が16000点以内なのでラス脱出となるから、ですね。
この和了りで半荘の収支は【-39】から【-21】と出来ました。
満貫分の点棒以上に、順位点のウマが大きく数字に影響しているのがハッキリとしてますよね。


そんな訳で、徹底的に「順位の変わらない和了りをしない」を意識しております。
……とは言え、流石に意識しすぎか?と思うこともありましたが。
このケース↓↓

和了るか、見逃すか

リーチ・平和・ドラ1、あと2本場で6400点が確定した聴牌に受けましたが。
対面と下家が食い仕掛けをしていたので、もっと考慮しておくべきことがありました。
下家が放銃するかも知れないことと、その際に裏ドラが乗るかも知れないこと、です。

トップとの点差は13200点(リーチ棒供託含む)、
そしてこの手は直撃以外の出和了りでは、一発ウラウラでない限り確実に捲くれない手でした。
厳密ではないですが凡そ13/34の確率、4割弱の可能性でこの手は裏ドラが乗ります。
リーチしてからマズった!と気付いて慌てたこともあり、結局私はこの7筒を見逃しました。

結果、流局。

そしてツモれずに流局。
次局は対面に2000点を和了られ、結局この半荘は2着(+4)で終了でした。
見逃しが実って見事逆転トップ!なーんて甘い展開にはそうそうならないのです。。。
あの7筒を和了っておけば飛ばすことになっても2着(+22か+23)でしたし、
裏が乗らなければ次はそこそこの手で逆転出来たので……やってしまった感があります。

と言うことで、結論としては「裏ドラが乗って困るなら最初からヤミテン」と言う事ですね。
それならば下家から和了っても3500点で済むので、見逃しなんて考える必要すらありません。
勉強不足……。



ちゅーこって。
今月もそれなりの回数をこなしていきたいものです。
またランキングに載れたら良いけれども、流石にもう厳しいでしょうねぇ……w



怒首領蜂最大往生 A-L陽蜂ノーミス

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

怒首領蜂最大往生 B-L陰蜂

人間卒業試験としてもお馴染み、怒首領蜂シリーズ最新作の隠しボス発見と聞いて!
もー本当、見ていて「クリア出来る気がしない」としか感想が出て来ないでござるw
まぁ、その、とりあえず、あおちゃんの「死ぬがよい」が聴けたので満足です。

……しかし本当に容赦ってものを知らないなーCAVEさんってばw
これのノーコンティニュー、ノーミスクリアを目指すとか、もう訳が分からないよw



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
>MM司令官さん

開幕士気3とか4であんな攻めをされたら本当キツいですよね……w
とにかく効果時間が長すぎてやってられなかったので、あの頃は剛槍伝授が必須でした。。。

ぞーはさんは見掛ける事こそ滅多にないですが、旧カードの中ではかなり強い子だと思います。
速軍を絡めると更に手が付けられなくなりそうですし、、、
と言うかSEGAさま、次回のばーうpでは速軍侵攻の効果時間縮小をしてくれますよねw?
2台目、2代目 | HOME | 懐かしのぎょふら

Comment

すげーw
僕はとにかくその場その場で精一杯なのでそんなこと考える余裕がないですw



怒首領蜂はもう諦めましたw
2012/09/05 10:50 | URL | 十六夜 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。