S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防柵の配置と槍連環。

今回は防柵の配置と、槍連環について軽く。
まぁあの、私、流星デッキ使いなので。 ちょっと流星寄りな解説ですがお気になさらずw
あと言うほど役に立つ情報でもないので、悪しからずww あー、なんかダメだなぁ、私www


弓主体のデッキでも防柵がある間は騎兵相手にもそこそこ戦えます。
ただ、出来るだけ温存したいのですが守れない場面も多いです。

そんな時に少しでも防柵を温存する方法をちょろっと解説していきます。


まず、防柵を守る手段として一番有効なのが、「乱戦する」ことです。
乱戦中は防柵を壊せないので相手より兵力・武力的に勝っているなど、
ちょっとぶつけるだけで凌げる場面は絶対に乱戦して防柵を守りましょう。
ただ、兵力でも武力でも負けているのに無理に乱戦して撤退したら、
相手の兵力が大きく残っていても、ミリしか残っていなくても柵を壊されてしまうので、
どうせ壊されてしまう場面なら撤退しないようにした方が懸命です。


続いて、防柵の初期配置ですが。
槍オーラ…
この場合、丁奉が張飛を弓で撃っているのですが、槍オーラが柵越しに届いています。
こうなるとダメージをムダに貰ってしまうので宜しくないです。

槍オーラ。
このようにちょっと前に配置していると、槍オーラが届かない位置取りになります。
柵を壊している間に一方的に弓ダメージを与えられるので、柵を活かす事が出来ます。


ただ、防柵を前に配置するメリットは、
槍オーラが届かなくなる事と、自城前のスペースを作る事くらいです。
例外として開幕デッキが前線に配置してライン上げに使ったりもしますが……、まぁそれは別として。
正直デメリットの方が大きいです。
・前に配置する分、相手が柵に接触するまでの距離が近い。 壊されやすい。
・乱戦などで兵力を減らした後、自城までの距離が遠くなる。 相手に弓が居る場合の兵力管理が大変。

と言う事で、守りが主体のデッキだと狭いスペースでも操作が行き届くようにした方が良いです。
防柵を前に配置する相手は、槍主体なデッキ相手の時だけで良いと思います。



続いて、騎兵相手に有効な槍連環。
槍連環とは、簡単に言うなら槍オーラを相手に当て続ける事です。
槍オーラに触れている武将は、移動速度が乱戦中くらいに遅くなる…と言う効果があるので。
弓主体なデッキならその間、より長い時間弓を浴びせる事が出来て有効なのです。
乱戦中の移動速度低下が、2倍速騎兵が槍に刺さらない速さなので……、
下手したら0.4~0.5倍くらい遅くなるのかな? まぁそんな具合なので槍連環って結構に効果があります。
ちなみに槍連環効果は重複するので先ほどの計算で行くと、
2本の槍で槍連環をすると連環の計並みに移動速度を落とす事が出来るみたいです。 うわぁ、凄。
まぁそんな場面滅多にないですがw

槍連環の図。
張昭が龐徳に槍オーラを当てています。 槍連環。
で、この場合龐徳が柵にぶつかると同時くらいに、張昭と乱戦になる位置です。
このまま行くと、槍連環→一瞬乱戦→柵に跳ね返される→槍連環→一瞬乱戦→柵に(ry……となり、
その間丁奉が弓を浴びせるので、張昭を乱戦させるよりも効率良く柵を守りつつダメージを与えられます。
勿論槍兵は迎撃を狙うのも大事です。 ですが、
一度止まった騎兵にもう一度迎撃を狙うより、槍連環を決めた方が良い場面が多いと思います。
まぁ、そういうのはまたケースバイケースなのです、が。


槍兵や弓兵相手に槍連環は、正直あまり美味しくありません。
槍兵は相手も槍オーラを出してくるので、お互いにダメージ。 下手したら槍ワイパーや槍撃とかで、
ダメージを多く貰ってしまいます。 時間稼ぎをしたい時はやるべきですが。
弓兵は純粋に止まっている間に弓を撃つので、狙うのは攻城を取ろうと前進してくる場面くらいです。
歩兵・象兵・攻城兵には有効ですね。
特に象兵は人の柵を何とも思っていないはじきがあるのでw、
槍連環で柵を壊すまでの時間稼ぎをして、その間に弓を集中して早く倒すようにすべきです。



と、言う事で実用的なのかそうでないのか私にも良く分からない事を紹介してきましたw
とりあえずまぁ、柵と弓は相性が良くて、更に槍も上手く扱えたらより柵が活かせるー、やっほー☆、
的な事を書きたかったのですが……良かったのかな、コレでw?

まぁそんな感じでしたー。
デッキをいくつか。 | HOME | 定額給付されました。

Comment

先日の時報で碧さんの流星デッキをお借りしました。
「ガッチガチデッキ」の意味がうまく理解できなくて、「ガチデッキ」なのか「守りの堅いデッキ」なのか・・・

『両方考えたら流星だ』

って結論になりまして、デッキを拝借いたしました。ただ丁奉将軍だけ持ってなかったので、そこだけR太史慈さんに。結果は時報参加君主さんの決起号令には負けましたが2勝1敗でした。使ってみるとR太史慈よりR留賛のほうが良かったかも。
流星に柵って大事ですね!!実際使ってみると、碧さんのデッキや柵配置がよく練られているものだとわかります(^^ゞ

勝手に拝借しちゃってすみません。でも楽しかったですよ(^^♪

次回は時報に参加できるといいですねwそれでわ。
2009/04/06 08:00 | URL | てとしゃん #- [ Edit ]
槍連環と乱戦時に柵が破壊されないのは知っていましたが、槍連環の移動低下が重複することは知りませんでした(゜д゜;)

柵の初期配置は勉強になりました><
今後の柵配置に生かさせていただきます^^
2009/04/06 15:04 | URL | 朱里 #.GoLjVCQ [ Edit ]
>てとしゃんさん
いやぁ、むしろ使って貰えて嬉しいくらいですw

R太史慈は援護兵の武力が6ならばワラワラ相手にやり易くなるのですが、今は3ですからねw
スペックが若干悪いですが死なない超絶強化を持っている留賛は使いやすいと思いますよ~。

守りはとりあえず虞翻がいればかなり安定しますよねw
反計されない上に士気5で使えるので、1Cのタメが全然気にならないと思いますw
決起相手はちょっと焼く相手が見つからないのでやり辛いですが……。

時報マッチ、楽しかったみたいですね。
次回は何とか参加出来たら~と思います♪


>朱里さん
最近私は槍1本でやる事が多かったので槍2本での槍連環を実践した事は無いですが、
何かの動画で凄い速度低下だったのを覚えています。 車輪号令とか、長槍閃陣だったかな…w?

柵配置を、相手のデッキ構成に合わせて使い分けると対応力が上がりますからね~。
また、こちらが柵配置を気を付けるとともに、
相手の柵配置が甘いと見たら、槍オーラを柵越しに当てに行くと言うのも面白いかもです。

役立てて貰えたら嬉しいです~♪
2009/04/06 22:55 | URL | 碧 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。