S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08« 2017/09 »10

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻城について。

私は流星デッキを使っているのですけれども、
攻城について色々と解説してみようかな、と思います。 参考になるかどうかは別として。


最近は攻城ラインギリギリに差しての「浅差し攻城」を多く見かけます。
そうする事によって攻城準備までの時間と、攻城キャンセルの時間を短縮出来ます。
と言う事でこの浅差し攻城は是非とも完璧に出来るようになりたい所。

ちなみに私は失敗するとタイムロスになるからあまり使わないですw 攻城自体滅多に出来ないですし…w

攻城中。  攻城キャンセル。
左の図では、浅差し攻城を程普と小喬さんが行っています。 丁奉将軍はなんとなく(?)若干深め。
で、浅差し攻城が決まった後は、すぐに右の図のようにカードを真横に向けます。
カードが攻城ラインに届かなくなり、攻城キャンセル完了。 素早くまた左の図のように斜めに差します。
1回目の攻城が約6秒、2回目以降の攻城が約9秒との事なので、3秒以内に出来ればその分得をします。
早い人は0.5秒も掛からない印象です。 マップを見たら欠片も動いてなかったりするのでビックリ。
やっぱり練習されてるのでしょうねぇ……。

と、これが攻城キャンセルの一連の流れですね。
ちなみにこの図での丁奉は深く差しているので、連続して攻城を奪うなら動かすべきではありません。


突撃されそう。  キャンセル迎撃。
槍兵は攻城準備中槍オーラが出ないので、騎兵が居る時にそのままにしておくと突撃を受けてしまいます。
そこで、攻城キャンセルを素早く行い槍オーラを出して迎撃を狙えると強いです。
左の図、張昭が攻城準備中に牛金が突撃しようと横から向かってきました。
で、右の図のように張昭を真横に向けると、一瞬で槍オーラが出るので迎撃成功、となります。

上手い人はその場から動かずに決めてくるので、
騎兵側は突撃を狙うより槍兵の攻城キャンセルを誘う方が安全かと思います。
槍オーラがギリギリ届かない所でビタ止めとか、迎撃されない角度に方向変換とか。
まぁその辺りは相手との読み合いとなります。


突撃狙い。  突撃成功。  攻城ゲージ上昇。
左の図は曹操の浅差し攻城を呂布が妨害していたら、龐徳と曹仁が援護に来た所。
この後呂布が潜る位置を変えない場合、中央の図のように龐徳と曹仁の突撃・乱戦ダメージを受けます。
深く潜った場合、右の図のように突撃は入らないものの、乱戦から抜けるので曹操の攻城ゲージが上昇します。

と言う事で、迎撃される心配が無い場合浅差し攻城+突撃マウントは非常に強力です。
攻城役の少し後ろを走り回る事で、相手側は乱戦による攻城妨害が極めて難しくなります。
ギリギリ攻城ラインに届かない高さでの突撃マウントを覚えると、攻城が奪い易くなるかもです。


攻城と撃破狙い。  浅差しから深差し。
左の図は孫策の浅差し攻城を魏延が妨害に来た所。
この場合、孫策が魏延より武力で上回っていて、更に太史慈の弓による援護付き。
乱戦されていると攻城ゲージは上昇しないので、その間に右の図のように孫策は城門へ移動します。
それにより、魏延の乱戦時間が増えその分兵力を削ることが出来、
それを嫌って乱戦から離れたら城門攻城が決まる事になる訳です。
攻城を奪った後のカウンターを無くす為にも、攻城+相手部隊の撃破を目標に攻められたら理想ですね。

ちなみに、あまりにギリギリの所で攻城ゲージを溜めていると、
ちょっと触れただけでも攻城キャンセルされる事があるので注意です。



まぁ適当に書き並べてみました。
基本的に攻城は浅差し推奨です。 深く差す場面は滅多にないかと。 二重城壁攻城とか?
ただ、浅差しにもデメリットはあって、相手が自城へと潜れるスペースが広くなります。
なので、上手い人には場内突撃や場内槍撃をキッチリ決められたりします。
象兵には攻城ライン外へとはじかれます。 と言う事で、使い分けが必要になる事もたまにあると思います。
その辺はまぁ相手に合わせて研究してみて下さい~。
軽音部かぁ…… | HOME | 咲-Saki- 第2局。

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。