S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOTOKO in 大分(前編)

昨日、更新していたら久々にいきなりの再起動を喰らってげんなりしましたorz
結構な文章量が台無しになってしまってショックです……ぐぬぬ。


さておき、9月7日に。
「KOTOKO LIVE TOUR 2010 夏だ!響舞だ!全国行脚祭!」
大分公演に行って参りました~!
いやー、もう本当に素晴らしいライブで……凄く楽しい一時でした。
私の人生初ライブがKOTOKOさんで良かったー、としみじみ感じている所でございます。
あと、右手の二の腕とかが今、丁度良い具合に心地良い筋肉痛に苛まれております。

かなり長くなりそうなので、詳しくは追記に。。。
そしてタイトルに「前編」とあるように、2回に分けての更新にします。
まだ追加公演も含めて結構な数を回るので、参加する方はネタバレ回避して下さいっ。
まぁ、私は思いっきりセットリストをネタバレしてから臨んだのです、が…w
あとそこまで私は記憶力が良くないので、もしかしたら間違いとかもあるかも知れません。
今回改めて、ライブレポートでその力を発揮している記憶術先生の凄さが分かりましたw
これは私も記憶術、学んでみるべきなのかしら……っ。



そんな訳で追記に続きます。
とりあえず今回一緒に初参加な友人と、大分市内へと移動。
時間には余裕を持って行こーと言う事で、2時間ほど早く到着しましたが、
アニメイトとゲーセンで暇を潰すにはちょっと長すぎたかな、と反省。

会場に到着。 「T.O.P.S」と言うライブハウスなのですが。
思っていたよりも建物が小さくて驚いた共に、
駐車場が無くてがっかりしました……そのせいで近くの有料駐車場に停めるハメに。
1時間100円ってアナタ……結構痛い……。

で、その時は台風が近くに居たので結構に風が強かったです。
時々、歩き辛くなるほどの風だったのでちょっと心配になってました。
ついでに何だか天気も悪かったので、車に積んでいた傘を会場入り口の傘立てに突き刺しておきました。
まぁこういう時に傘を持っておけば雨は降らない、持ってなかったら降る、
って具合に見事マーフィーの法則的なアレが発動することって、何だかありそうじゃないですか?
……無いですか、そうですか。



入場前に整列。
真っ先に呼び出されたのが、ファンクラブ枠と思われる謎の整理番号組の方達でした。
10人くらい居ました。 精鋭です。 私もあの中に入りたいです。
ちなみに私と友人は38・39番なので結構後ろでした。
あ、更にちなみに全員で大体50人~60人くらい?居ました。 もしかしたらもうちょっと多い?
男女比は……8:2~9:1の間って所でしょうか。 どちらが男性かは、、、察し付くよね?

そんな訳で入場。
外見では小さな建物だったけれども、実は中に入ると広かったりするのかなーとか期待していましたが、
まーそんなことはなかったです、狭かったです。 あちゃー……と、思いき、や。
近い。 超近距離でした。 お互いに手を伸ばしたら届きそう。 体育館の壇上かよ、ってくらい。
ファンクラブ枠は勿論真っ先に入場して、その最前列を確保しておりました。 羨ましいぜ……!

私と友人は無難に真ん中辺りを確保。
……確保していたのですが、スタッフの人が「ドリンクは2階ですよー」的な事を言っていたので、
500円のドリンクバーなので使わない訳には行かないな!と思ってドリンクを貰って戻ってみたら。
思いっきり確保していた場所を取られていました。 絶対このスタッフの前世、孔明だろ……!
まぁでも開演まで待っている間に、結果的に似たような所に戻れたりもしたのです、が。

後は開演まで待ち。 緊張感と高揚感に包まれるような感じで、
実際にソワソワしていたりはしませんでしたが、脳内ではもう色々な考えがぐるぐる大回転でした。
この待ち時間は本当、何とも言えない空気感がありました……。
とりあえず気を紛らわせるために、流れているKOTOKOさんの楽曲に合わせてリズムを刻みつつ。



流れていた曲が中断され、そしてついに開演!
大きな太鼓の音と共に、まずはバンドメンバーが法被姿で登場。
その法被にはキッチリと「low trance assembly」って書いてました。 I've法被…!
最後に遅れて、KOTOKOさんも駆け足で登場っ!
ライブコンセプト通り、ハチマキ・法被・浴衣風味(?)なスカートと「お祭り」全開な衣装でした。
髪はツインテール。 すっごい、さらさら。

1. 碧羅の天へ誘えど
のっけから最新曲! アオニソマルマデー
迫力満点な大音量での演奏と、その中で冴え渡るKOTOKOさんの声があまりに衝撃的で、
全身で音楽を聴いているような感覚になりました。 立っているのが精一杯、って具合に。
そんな感じだったので、結構にボーっと固まっていましたw

2. デジタルスネイル
「碧羅の天へ誘えど」のカップリングナンバー。
何気に開演前に、コレ知らないなーって曲が流れていたのですが、この曲でした。
その時にも良い曲だなーと思っていたので、早速ライブバージョンを聴けて良かったです♪

MC。
KOTOKOさんの「大分のみんな、1年振りだねっ!」の声に対して、反応が薄く。
「去年も来たひとー?」との問い掛けに、手を挙げた人は半分以下でした。
これにはKOTOKOさんもビックリで、他県と比較して少ないなーと言ってました。
まぁ逆に考えれば、それだけ新しくライブに来ている人が居ると言う事で……w

3. 蒼-iconoclast
結構に聴き込んでいる曲なので楽しみにしてましたっ!
やっぱりサビがカッコ良かったです……本当CDと変わらないくらいに声が安定していました。

4. went away
セットリストは完全にネタバレしていましたが、実はこの4曲目。
「La clef~迷宮の鍵~」と「went away」のどちらを歌うかは、会場によって違うとのことで。
どっちが来るかなーとワクテカしていました。 そして大分ではこの「went away」でした。
楽曲の切なさを引き出すような、素敵なステージでした。

MC。
実はこのライブツアーを開催するに当たって、楽曲の人気投票をしたよーと言う話。
それでまぁ、「投票した人ー?」の声にこれまた挙がる手が少なくてKOTOKOさんビックリw
私も7月の初めまでこのライブツアーの存在を知らなかったから投票出来てなくて……、
手を挙げられなかったことが悔しかったですw
ちなみに、何やらホントつい最近KOTOKOさんを知ったって人も居ました。 やるねぇ。

でまぁ、KOTOKOさんの楽曲はもう250曲あまりある、と言う事なのですが、
1票も入らなかった曲は1曲も無かった、と喜んでいました。
それはやっぱり、それだけ魅力的な楽曲を作っている証拠だと思いますっ。

5. Imaginary affair
人気投票では2位となった楽曲。 納得せざるを得ない高順位ですね…!
ちょっとゆったりとしたミディアムナンバーなのですが、ライブでも人気のようです。
凄く丁寧に歌い上げていて良かったです~。

6. flow~水の生まれた場所~
意外な所が来たなーとセットリストを見た時は思ったのですが、
とても良かったです。 歌詞にある世界が浮かぶようで、改めて好きになりました。

MC。
「Imaginary affair」の裏話。
作曲の高瀬一矢さんは、KOTOKOさんには言わないけれどこの曲がきっと大好きで、
高瀬さんの居る楽屋とかに行くと、この曲が良く聞こえて来るとの事。
それでまぁ、別に発表とかしないのに、
「Imaginary affair」バイオリンバージョンを作っていたりするとか。 完全なるノーギャラで。
良い話だなーと思ったと共に、何ですかバイオリンバージョンって! 凄く聴きたいじゃないですかっw
勿体無いので是非発表して下さい><

「flow~水の生まれた場所~」は、KOTOKOさん曰く"隠れた名曲"と。 名曲ですホント。。。
なのでまぁ、人気投票を始めてすぐの頃は5位くらいまで順位を伸ばしていたのですが、
やっぱり結構前の曲なので、時間が経つと共にどんどん順位が下がっていき、
その下降具合が何だか日本の景気のように感じたみたいですw
最終的には22位くらい?になったと言う話でしたが、
最近知った人にも知って貰いたい曲なので、ライブで歌うことにしたとか。
きっとみんな好きになったと思います。 私も含めて。


ここで会場の声で歌う楽曲を決めるコーナーに。
mix兄さんこと「C.G mix」さんの作曲した楽曲が10位以内に半分もランクインしたので、
それならばまぁ、その楽曲同士を争わせて勝った方を歌うよー!と。 そんなコーナー。
ちなみに、ブーイングを貰ったりもしたそうですw 人気のある曲を片方しか歌わないからねぇ…w
その会場の声の大きさを計るアイテムなのですが、
工事現場とかで使うような精密機器とかは、KOTOKOさんのお小遣いでは手が出せないと言う事で、
マネージャーのi-Phoneのアプリ(320円。)で計る事に。 経済観念がしっかりしているNE!

ここで争うのはこの2曲。
「Leaf ticket」(7位)と、「allegretto~そらときみ~」(4位
私と友人は「Leaf ticket」に盛大なる拍手を贈ったものの、
結構な差で「allegretto~そらときみ~」の勝ちでしたw まぁどちらも好きなので良いけれどもっw

7. allegretto~そらときみ~
タイトル通り、ゆったりとした温かい雰囲気で歌っておりました。
間奏では、ギターの演奏がカッコ良かったですw スライド?とかチョーキング?とか。

MC。
続いて今度はバルドシリーズからこの2曲。
「Face of Fact」(5位…だったはず。)と、「Restoration~沈黙の空~」(8位
友人と「Face of Fact」に入れよう!と前以て相談していたのですが、
何だかココに来て「Restoration~沈黙の空~」を聴きたくなったので、ソチラに盛大なる拍手をしました。
これが虚誘掩殺の計、か……(違います。)
で、その甲斐あってか僅差ながら「Restoration~沈黙の空~」が勝利しました!

8. Restoration~沈黙の空~
希望通りの楽曲だった、と言う補正もありましたが……、
やっぱり凄く力強くて痺れました。 そして何より、カッコ良いですわ……!

9. LOVE A RIDDLE
個人的に5本の指に入るくらい好きな1曲ですっ。
キーボードの音が好きなのですが、何気にギターがイメージ以上に忙しい演奏をしていたりしていて、
バンドメンバーにもかなり目を向けていました。
しかし、ライブで聴くとまた本当に良かったです。 よく声が続くなぁ……と。

MC。
「LOVE A RIDDLE」はKOTOKOさん初のアニメタイアップと言う事で、
主題歌のつもりで気合満点で作った曲だったそうです。 実際には挿入歌だったのですが。
まぁそれで、そのアニメ「おねがいティーチャー」の楽曲は名曲揃いと言う事で、
票数がかなり割れたのですが、その中でこの「LOVE A RIDDLE」が12位と一番上だったそうです。
「Shooting Star」よりも上位だったのは意外でした。



やっぱりこれだけ書くとなると、疲れますね……w
また明日続きをダラダラと書き並べてみます、この調子じゃあ今夜休めないので……w
全20曲なので、後編もどうやら長くなりそうです、宜しければお付き合い下さいませ。

でわでは。
KOTOKO in 大分(後編) | HOME | ライブアライブ

Comment

お疲れ様です♪
楽しめたようで何よりです♪

僕の知り合いも一昨日熊本で行われたKOTOKOさんのライブに行って来たそうですが、そこでKOTOKOさんが「大分の方が盛り上がってたよー!!」って言ってたそうですw
2010/09/10 01:24 | URL | 十六夜 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。