S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

碧(ミドリ)

Author:碧(ミドリ)
趣味は三国志大戦。
君主名は「自宅警備員!」。
現在皇帝(証101)。

超不定期にやってます。

メインデッキは連合流星デッキ。
2013年はコレ一本で頑張ってみます。


さんに
バナーを作成して頂きました♪
本当にありがとうございますっ!

五月病

コメント・相互リンク大歓迎なのですー。



なんとなーく、貼ってみました……w

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急にばーうpが来たので

バージョンアップ来ましたね。【Ver3.594_C】だそうで。
……いつも通り名前だけ見ると真新しさがこれっぽっちも感じられないね、しょうがないね。
内容で勝負!ってことなのですよ、きっと。 うん。

その新バージョン稼動から数日経って、修正内容もまとまって来ました。
騒乱と閻圃は効果時間がやや短縮ってくらいで済んでいました。
まだまだ頑張れそう、と言うか、フツーに強そうな雰囲気がしますね。 おおこわいこわい。
その他の計略も劇的な下方修正は無さそうでした。 同じく、劇的な上方修正も。

……しかし最近バージョンアップするにしても、マイナーチェンジが多くないですかね?
いやまぁ、1回暴れたら数年日の目を浴びられないような、
露骨過ぎる修正を繰り返されるよりは良いのかもですけれども……w

そんな訳で皆様の関心が向いているのはバージョンアップの調整内容、よりも。
近々、EX曹操に続いて登場するEX孫策・EX劉備の新カードの方なのではないでしょうか。
かく言う私も、コスト的に流星デッキに採用することはないだろうと確信してはいるものの、
EX孫策の「雄飛の極意」たる計略名には、ちょっとwktkが止まらない今日この頃です。
楽しみだなぁ。



天鳳でちょっとそれってどうよ?と思ったシーンを貼り。

リーチ…?

対面からリーチが掛かりました。
この時の私は2着目の親番&次局オーラス&トップまで1万点差なので、
ドラ3のこの手ならば全ツッパを決め込もう!と思っておりました。


振り込んだけれども。

で、2巡後に追い付いてリーチを掛けるものの、
流石にペン7筒では分が悪かったようで、先に2筒を掴んで放銃となりました。
まぁ振り込んだことは仕方ないです、こちらも勝負手ですもの。

2-5筒で放銃かー満貫クラスは痛いなーと思っていたら。


リーチ・西の、2600点じゃないですか、ソレ。


いや正直、3着まで約16000点差があるラス目が、
6巡目にそんな安手でリーチを仕掛けてくることなんて、有り得ないだろうと思っていました。
対面は結局裏ドラも乗らず、リーチ棒+2600点で3600点を拾った格好になった訳ですが、
3着目との点差は12000点以内に持ち込めず、満貫ツモでもまくれない点棒状況です。

その和了りに意味はあるの?と、全力で思いました。


そして決め手がリーチ宣言牌の8萬。
3筒か4筒を外しておけば、一手変わりで面前混一色の聴牌が入る手格好じゃないですか。。。
場に萬子の上が多く捨てられているとは言え、まだ6巡目。
乗る確率が低い裏ドラに賭けるよりは、圧倒的に状況に即した打ち回しのハズです。

結果的に対面は、私が2筒で振り込むまでに2萬・5萬と引いて面前混一色の聴牌が入っています。
待ちも2通り、【2-3-6-9萬待ち】か【1-4萬待ち】と選んでリーチが打てている訳で。
前者の待ちは読み辛いとは言え、残り枚数が少ない&どうせ他家はベタオリなので、
高目の4萬ならば出和了り跳満になる1-4萬待ちとして、親リーチを追っ掛けるっ!
……と、私ならば打っています、絶対に。

まぁ、そこから先はどちらが引き和了るか掴まされるか、
或いは脇に流れるか王牌に眠っているか、なのでお話はここでお終いなのです、が。
率直に言ってしまえばあの2-5筒待ちのリーチは、
「もうラスでも良いや」と思っていないと打てない、そんなリーチでしかありません。
赤5筒ツモれば満貫じゃん!と言うのならば当然私の捨てた2筒も見逃すハズでしょうし。



しかし随分と対戦相手を叩いているなぁ、と思われたかもですが。
要するに一言でまとめると。
意味のない和了りでトップ争いの邪魔をされて悔しかった><
ってだけ、です。


……何だか台無しなまとめ方になってしまいましたが、まぁ大体そんな感じと言うことで……w



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

2台目、2代目

我が家に新しいPCがやって参りました。 2台目にして、2代目。
私の兄が某オンラインゲームをやるために購入に踏み切った、と言う塩梅なのですが。
10年近く使ってきた旧PCがいつ御釈迦になるか分からないこともあるので、
データの移行とかもちょこちょこしながら、有効活用していきたいものです。

しかし、三国志大戦の武将名を変換登録するのが面倒だなぁ……w

まぁ、初代PCがまだまだ現役(時々、突然に再起動したりするけどw)なので、
しばらく2代目PCは兄のねとげ専用機となりそうです。
とりあえず天鳳に飽きたら、桃色大戦ぱいろんに切り替えようかなーw



今月の適当なタイミングに、友人と一緒に自動車免許の更新へとお出掛けしつつ、
ついでに三国志大戦もちょこっとやってみよー、とか予定しているのです、が。
次回使用する流星デッキがなかなか思い浮かばなくって困っております。

とりあえず前回やった時、騒乱相手に何も出来ず負けるのはあんまり面白くなかったので。
月姫さんを入れておいて、ひたすら閻行に雷を落とす立ち回りでやってみようかなー、
とか、考えております。 アイツさえ居なければ攻城力が一気に落ちますからね。
後の課題は、流星を落とすタイミングをどう作るか、ですかねー……。
もし騒乱に全力で待たれたら、儀式を通せるタイミングってないような気がするのですw


……何かもう面倒なので。
騒乱対策は諦めて、もっと尖った構成を探してみるべきかなぁ。。。



ネタ不足につきいろいろ動画貼り。

花澤香菜「(小倉)唯ちゃんが欲しい」
最近、ひとかなで小倉唯ちゃんがネタにされ過ぎていると思うの。 ひじょーに面白いけどw

本能の赴くままのヤング
GT-Rしゅがゲスト回での一幕。 小野坂さんに対する冷たい態度が素敵でした。

ブレイブルー公式WEBラジオ
「ぶるらじW ぶるふぇす らいおっとさまーあげいんすぺしゃる パート1」

┌(┌ ^o^)┐ホモォ... そう言えばPS3あるし、ブレイブルー買おうかなぁ。。。

咲-saki- 阿知賀編 小ネタ集
個人的に阿知賀編MADで一番好きなシリーズ。 一気見推奨!

【氷菓】私、料理研究会部長が気になります!【杉田智和まとめ】
台本なんてなかった。 この回、初めて見た時相当に笑わされたなぁ…w



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

半荘135試合とかやりすぎわろた

天鳳にて、何故か8月は高成績を出せました。

特上 南喰アリ赤 / 総合(30戦以上)

いやもう、そこそこの段階で「これ以上やったら順位落とすだけだろうjk」とか、
思ってはいたものの、そんな気配がまるでないまま突っ切れた感じです。
一時期暫定2位まで食い込めていたけれども、1位を追い掛けた結果最後に失速してこうなった、
そんな月間成績でございます。

と言うことで、特上ロビーにて月間6位に入っておりました。 ビックリ。
麻雀でこーゆーランキング上位に載れたのって、MJ2の頃のディフェンスコンテスト以来です。
懐かしいと言うかまぁ、ルールがそもそも違うような気もしますがw

月初めの頃は、高度な打ち回しを身に付けたとかそういう技術的な要素は一切ナシに、
只々、ツキが巡って来ていただけと言う印象でしたが。
ここ最近では結構に立ち回りが自分の中で確立されてきたように思えて来なくもないです。

他家の先制リーチに対しての押し引きの判断……とかそう言った判断の前に、
そもそも先切りを徹底しておいて、
聴牌までに危険牌を切るリスクを極力下げるようにすることには、特に意識を回しました。
勿論、完全一向聴に受けた方が聴牌効率は良い、けれども、
相手(特に親)の先制リーチが掛かった同巡に丁度聴牌してしまった際に、
一発が怖くて危険牌が通せない……となっては、結局オリ打ちになってしまいがちだよね、と。

あと、逆転の目は絶対に捨てない、程度の努力は必ずしておりました。

対面からは見逃し。

例えばこんな場面。 オーラスで一人だけ配給原点割れと言う泣きたい現状の中、
対々・ドラドラ確定、ツモれば三暗刻も付いてくるシャンポン待ちに受けられました。
点棒状況的にツモって3000・6000を拾えば3着浮上&全員3万点割れで西入が見えるのですが、
さてさて引けるかなーとか考えるところだと思います。

で、この聴牌が入った途端、対面から和了り牌の7筒が出て来ました。 40符4翻の満貫。
なのですが、対面との点差は16000点以上なので、この7筒は泣く泣く見逃すことに。
和了ったらその瞬間、対面を3着に落とすだけのラス確定和了となってしまいます。

直撃成功!

それから3巡後、今度は上家から7筒が零れて来ました。
これは当然和了りました、点差が16000点以内なのでラス脱出となるから、ですね。
この和了りで半荘の収支は【-39】から【-21】と出来ました。
満貫分の点棒以上に、順位点のウマが大きく数字に影響しているのがハッキリとしてますよね。


そんな訳で、徹底的に「順位の変わらない和了りをしない」を意識しております。
……とは言え、流石に意識しすぎか?と思うこともありましたが。
このケース↓↓

和了るか、見逃すか

リーチ・平和・ドラ1、あと2本場で6400点が確定した聴牌に受けましたが。
対面と下家が食い仕掛けをしていたので、もっと考慮しておくべきことがありました。
下家が放銃するかも知れないことと、その際に裏ドラが乗るかも知れないこと、です。

トップとの点差は13200点(リーチ棒供託含む)、
そしてこの手は直撃以外の出和了りでは、一発ウラウラでない限り確実に捲くれない手でした。
厳密ではないですが凡そ13/34の確率、4割弱の可能性でこの手は裏ドラが乗ります。
リーチしてからマズった!と気付いて慌てたこともあり、結局私はこの7筒を見逃しました。

結果、流局。

そしてツモれずに流局。
次局は対面に2000点を和了られ、結局この半荘は2着(+4)で終了でした。
見逃しが実って見事逆転トップ!なーんて甘い展開にはそうそうならないのです。。。
あの7筒を和了っておけば飛ばすことになっても2着(+22か+23)でしたし、
裏が乗らなければ次はそこそこの手で逆転出来たので……やってしまった感があります。

と言うことで、結論としては「裏ドラが乗って困るなら最初からヤミテン」と言う事ですね。
それならば下家から和了っても3500点で済むので、見逃しなんて考える必要すらありません。
勉強不足……。



ちゅーこって。
今月もそれなりの回数をこなしていきたいものです。
またランキングに載れたら良いけれども、流石にもう厳しいでしょうねぇ……w



怒首領蜂最大往生 A-L陽蜂ノーミス

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

怒首領蜂最大往生 B-L陰蜂

人間卒業試験としてもお馴染み、怒首領蜂シリーズ最新作の隠しボス発見と聞いて!
もー本当、見ていて「クリア出来る気がしない」としか感想が出て来ないでござるw
まぁ、その、とりあえず、あおちゃんの「死ぬがよい」が聴けたので満足です。

……しかし本当に容赦ってものを知らないなーCAVEさんってばw
これのノーコンティニュー、ノーミスクリアを目指すとか、もう訳が分からないよw



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

魏呉地勢流星デッキ実践。

先日、佐伯勢の方と一緒に大分へとお出掛けして参りました。
アニメイトや大分駅を巡ったりしましたが、
まぁやっぱり大分に行くとなれば三国志大戦ですよね!
……ところでところで、佐伯に新しいゲーセンいつ出来るの?(もう諦めろ、私っ。)

前回かわうそ甘寧を引いていたので、コヤツの入った流星デッキを試すことに。
呉単の手腕流星とかも無難に良さそうでしたが、
もーちょっと魏国を使えば魏見習いの称号が貰えると言うことで、敢えての地勢流星に。
まぁ地勢の方が範囲が広いし効果時間も長いのもありますし。

R小喬R丁奉R荀攸Rかわうそ甘寧SR張春華R呉国太
 GR呂蒙  GR陸抗

総武力20・総知力36 防柵×4・魅力×3・勇猛×1・伏兵×1

こんな感じ。
弓兵の枠を隠密春華さんにして士気溢れ対策をしつつ、適当に地勢を撃つデッキです。


で、結果の方は……メモを取り忘れたので対戦デッキの詳細は省きますが、
全12試合で4勝8敗、と残念な有様にw うーん、何が悪かったのかな……。
振り返ると、丁寧にやれていたら勝てたなぁ、って試合が3~4試合ほどあったので、
立ち回りが色々と悪かったと思います。 大反省です。

かわうそ甘寧の「伝染るん戦法」ですが、
まぁ1コストの武将なのでこのくらいになるよなぁ、、、って性能でした。
やっぱり2部隊固めているところで使っても、逆に磨り潰されちゃうよね……w
使い所を間違えなければ強いのかもですが、
そもそも使い所が少ないとなれば、他の計略に頼る立ち回りにした方がいいだろうなぁ、と。

あと、奥義の精兵集陣を数試合ほど試してみました。
武力+2が長時間、と言うのは確かに強いですが、、、
やっぱり守り系デッキでは横幅が広い陣略でないと、横弓を活かせないのが辛いですね。
と言うことで、遠弓撃陣が安牌過ぎると言う結論に至ってしまいました。 残念。


……まぁ魏見習いの称号を獲得出来たのでよし、です。
あとは呉MASTERが欲しいところですが、このペースでは何年後になることやら……w

さてさて、次回のデッキはどうしようかなぁ。



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼

ふるぱわー

先月まで天鳳でフルボッコの連続で泣きそうだったのですが、
今月はその反動がやって来たくらいに調子が良くてビックリな今日この頃です。
具体的にどの程度調子が良いのか、と言うと……。


まさかの14位。

特上月間ランキングにて、8月16日23時15分の時点で、14位になっております。
日に日に順位は変動しますし、これからもっと試合数を重ねるつもりなので、
きっとこれから順位は下る一方になりますがw
一瞬だけでもこんな順位に入れたことを幸運に思っております。 わぁい!

……まぁ特段、打ち方を変えたとか自分なりの打風を見つけたとか、
そんな真新しいことは何もしていなくて、ただ単にツいていただけ、と言うのが残念な所ですがっw
どの程度ツいていたのか、と言うと……。


9万点トップ。

自己最高得点、91000点にてトップを取れました。
普通は5~60000点も取る頃には他家が飛んで終わってしまうのですが、
親番でのツモ和了連打でゴリ押しを続けた結果、こんな珍妙奇怪な点数になれました。

でもコレ、真っ先に浮かぶ感想は「すげぇ!」よりも「これはひどい」の方かも、ですねw


他にもこんなことが↓↓

三暗刻ドラ3聴牌

三暗刻ドラ3の聴牌、ペン3萬待ち。
一応は一手変わりでツモり四暗刻聴牌に切り替わるので、
適当なタイミングで1萬・2萬のどちらかが重ならないかなーとか思っていた、ら。


あれ・・・?

まさかの北引きにて、四暗刻単騎の聴牌となりました。
どちらも場に1枚切れの1萬と2萬、どちらで待とうかと少し考えましたがまぁ、
ここはセオリー通りに端牌の1萬待ちに取りました。

その結果溢れた2萬を鳴かれて、下家に聴牌されてしまいましたが……。


四暗刻単騎和了!

4巡後に無事1萬を引き入れて、四暗刻単騎を和了出来ました!
四暗刻自体は過去に何度か和了ったことがありますが、
単騎待ちでの和了りは初めてですし、てかむしろ単騎待ちに出来たことも初めてですw
ツモり四暗刻よりも緊張度が違いますね、やっぱり……。
2萬をチーされた時はヒヤヒヤしましたものw これは、やっちまったかも……ってw



そんなこんなでまぁ、今月は今のところ53試合やっておりますが、
平均順位2.132と、高い数字をキープ出来ております。 順調・快調・絶好調!
まぁその流れも今日まで、となるかもですが……w



しかし今月はもう1回三国志大戦をやりに行きたかったのですが、
思った以上に忙しくなってしまって機会を逃してしまいました……泣きたい。。。
全力で出撃したかったのですがこんなことになってしまって、コモンさんすみませんです><
次回こそは……っ!



追記に頂いたコメントへの返信をしております~♪
... Read more ▼
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。